問31 2013年1月学科

問31 問題文と解答・解説

問31 問題文択一問題

所得税の原則的な取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.所得税は、個人が1月1日から12月31日までの暦年単位で得た所得に対して課税される。

2.所得税では、所得を発生形態や発生源泉別に10種類に区分し、それぞれの所得ごとにその所得の金額を計算する。

3.課税総所得金額に対する税額は、超過累進税率により算出する。

4.所得税は、納税者の申告により、税務署(長)が所得や納付すべき税額を決定する賦課課税方式を採用している。

ページトップへ戻る
   

問31 解答・解説

所得税に関する問題です。

1.は、適切。所得税は、原則として1月1日から12月31日までの期間に生じた個人の所得に対して課税されます。

2.は、適切。所得税は、発生形態や発生源泉別に10種類に分類(給与所得・事業所得・不動産所得等)し、各所得ごとの計算方法で所得金額を計算します。
※発生形態:雇われる・自分で商売する等、発生源泉:家賃収入・配当・利子等

3.は、適切。所得税は超過累進税率ですので、課税総所得金額が多いほど、税率が高くなります。

4.は、不適切。所得税は、納税者本人が税額を計算し、申告納付する申告納税方式です。
サラリーマンの給与からの天引きや年末調整は、本来は例外的なものなんです。

問30             問32
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.