問8 2012年9月実技損保顧客資産相談業務

問8 問題文と解答・解説

問8 問題文

《設例》の積立火災保険が満期日を迎え,X社が満期返戻金を受け取ったと仮定した場合に,X社の課税所得に含まれる金額を求めなさい。答は万円単位とすること。なお,契約者配当金はないものとする。

ページトップへ戻る
   

問8 解答・解説

保険差益の税務に関する問題です。

法人が満期保険金や解約返戻金を受け取ったとき、経理処理は以下の計算式によります。
受取保険金−資産計上額=保険差益
受取保険金…満期保険金・解約返戻金・死亡保険金等
資産計上額…積立保険料、養老保険・終身保険の保険料等

ここで、保険差益がプラスなら「雑収入」、マイナスなら「雑損失」として計上され、雑収入であれば益金、雑損失であれば損金として課税所得に含まれるわけです。

設例では、支払った保険料のうち943万円が平準積立保険料として資産計上されます(資産計上されていた前払保険料は、満期までに取り崩されて損金算入されます)ので、
保険差益=満期返戻金1,000万円−資産計上額943万円=57万円

従ってX社の課税所得に含まれる金額は、57万円

問7             問9
    ページトップへ戻る

    関連・類似の過去問

    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.