問12 2011年1月実技(資産設計)

問12 問題文と解答・解説

問12 問題文

    下記<資料>の変額個人年金保険に関する次の(ア)〜(ウ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。

    <資料>
    [変額個人年金保険 保険証券(一部抜粋)]
     契約者(保険料負担者):大久保 隆 様
     被保険者          :大久保 隆 様
     年金受取人         :大久保 隆 様
     死亡給付金受取人    :大久保 咲子 様(妻)

     契約日       :平成18年12月5日
     年金支払開始日:平成28年12月5日
     年金種類      :確定年金
     年金支払期間  :10年
     一時払い保険料:1,000万円

    (ア)隆さんが毎年受け取る年金は、一時所得として所得税の課税対象となる。

    (イ)契約日から6年目に解約し利益が出ていた場合には、一時所得として所得税の課税対象となる。

    (ウ)支払った一時払い保険料は、10年間、個人年金に係る生命保険料控除の対象となる。

ページトップへ戻る
   

問12 解答・解説

個人年金保険の税務に関する問題です。

(ア)は、×。個人年金保険により受け取る年金は、雑所得として所得税の課税対象です。

(イ)は、○。一時払の養老保険や個人年金保険・変額個人年金などを契約から5年以内に解約した場合、金融類似商品として受取差益に20%の源泉分離課税となります。しかし、6年目以降の解約差益は、通常の生命保険の解約返戻金等と同様、一時所得として所得税の課税対象となります。

(ウ)は、×。保険料一時払の個人年金保険の場合は、一般の生命保険料控除の対象となります。

問11             問13
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.