問54 2012年9月学科

問54 問題文と解答・解説

問54 問題文択一問題

遺言に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.自筆証書遺言の要件は、遺言者がその全文、日付および氏名を自書することであり、押印は要件ではない。

2.夫婦は、同一の証書で共同して遺言することができる。

3.相続人の遺留分を侵害する内容の遺言は無効である。

4.先に作成した公正証書遺言の全部または一部を、その後、自筆証書遺言によって撤回することができる。

ページトップへ戻る
   

問54 解答・解説

遺言に関する問題です。

1.は、不適切。自筆証書遺言とは、遺言者が遺言の全文、日付および氏名を自書して印を押すことが必要です。

2.は、不適切。2名以上の者が同一証書で遺言を作成することは禁止されています。
共同で遺言を作成すると、遺言の撤回も共同で行う必要が出てきてしまうため、それぞれの遺言者が自由に撤回できなくなってしまうためです。

3.は、不適切。遺言による遺産分割方法の指定や遺贈により、相続人の遺留分が侵害された場合でも、遺言自体は有効です。
ただし、相続人が遺留分減殺請求権を行使した場合には、侵害された遺留分については無効となります。

4.は、適切。遺言の撤回は、遺言書の形式に関わらず可能なため、新しい遺言書が有効となります。
また、前の遺言が後の遺言と抵触する場合、抵触部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなされます
つまり、遺言者は、遺言の一部だけを撤回できます。後から気が変わって「やっぱりあいつには相続させたくない!」と思えばその部分だけ撤回できるわけです。

問53             問55
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.