問23 2012年9月学科

問23 問題文と解答・解説

問23 問題文択一問題

株式投資信託の運用に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.パッシブ運用は、どのような銘柄選択を行っても恒常的に市場平均以上の運用成績をあげるのは困難だとする効率的市場仮説の考え方に基づいた運用スタイルである。

2.アクティブ運用は、あらかじめ決められた指標(ベンチマーク)に連動した収益の獲得を目指す運用スタイルであり、インデックス運用はアクティブ運用の代表例である。

3.バリュー投資は、配当割引モデルやPER、PBRなどの指標を用いて、株価が割安だと判断できる銘柄に投資する手法である。

4.グロース投資は、企業の成長性を重視し、企業の将来の売上高や利益の成長性が市場平均よりも高いなどの判断で銘柄を選別し投資する手法である。

ページトップへ戻る
   

問23 解答・解説

投資信託の運用スタイル・運用手法に関する問題です。

1.は、適切。パッシブ運用とは、銘柄選択を行っても恒常的に市場平均以上の運用成績をあげるのは困難とする効率的市場仮説の考え方に基づき、投資評価の基準となるベンチマークの動きと連動した運用成績を目指す運用スタイルです。
※効率的市場仮説:市場は効率的⇒掘り出し物の株式なんてない、とする説

2.は、不適切。アクティブ運用とは、投資評価の基準となるベンチマークを上回る運用成績を目指す運用スタイルです。
ベンチマークに連動した収益を目指すのは、パッシブ運用で、代表例として日経平均株価やTOPIXといった指標の動きに連動する運用成果を目指す、インデックス運用があります。

3.は、適切。バリュー投資は、PERやPBR等の指標や配当割引モデル等から見た株価の割安性に着目して、銘柄選択を行う運用スタイルです。
「適正価格を上回る株価」であれば、いずれその株価は下がると判断するため、「株価は割高」として投資しません。

4.は、適切。グロース投資は、売上高や利益の伸び率などの、企業等の成長性に着目して銘柄選択を行う運用スタイルです。

問22             問24
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.