問23 2010年9月学科

問23 問題文と解答・解説

問23 問題文択一問題

    株式投資信託等の運用スタイルに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    1.インデックス運用は、ベンチマークの動きにできる限り追従することを目指すため、銘柄の売買回数が多くなるなど、アクティブ運用に比べて運用のコストが高めとなる特徴がある。

    2.アクティブ運用は、ベンチマークを上回る運用成績を目標とするため、国内株式を投資対象とする場合には、ベンチマークとして東証株価指数(TOPIX)と日経平均株価(日経225)のいずれかを用いることとされている。

    3.トップダウン・アプローチとは、マクロ経済動向等にかかわらず、個別銘柄の投資指標の分析、リサーチの積上げにより銘柄を選定し、ポートフォリオ構築を図るアプローチである。

    4.バリュー投資は、現在の利益水準や資産価値等から株価が割安であると考えられる銘柄に投資する手法である。

ページトップへ戻る
   

問23 解答・解説

投資信託の運用スタイルに関する問題です。

1.は、不適切。インデックス運用は、ベンチマークの動きにできる限り追従することを目指します。アクティブ運用に比べて銘柄の売買回数が比較的少なく、運用のコストは低めです。

2.は、不適切。アクティブ運用は、ベンチマークを上回る運用成績を目標としますが、ベンチマークは、投資対象となる市場や有価証券の種類等によって異なります。

3.は、不適切。トップダウン・アプローチとは、経済・金利・為替などのマクロ経済動向の予測からはじまり、資産配分や業種別配分を決め、その後個別の選別を行う運用手法です。
※トップダウン・アプローチ:今後の景気は?⇒債券・株?どの業界?⇒どの会社?
反対に、マクロ経済動向等にかかわらず、個別銘柄の投資指標の分析、リサーチの積上げにより銘柄を選定し、ポートフォリオ構築を図る運用手法を、ボトムアップ・アプローチといいます。
※ボトムアップ・アプローチ:どの会社?⇒現在の株価は?資産価値は?将来性は?

4.は、適切。バリュー投資は、現在の利益水準や資産価値等に着目し、株価が割安と判断される銘柄に投資する手法です。
いいものを安いときに買う、というのがバリュー投資ですね。

問22             問24
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.