問13 2012年9月学科

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文択一問題

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.一時払変額個人年金の死亡給付金の額は、運用実績にかかわらず、一時払保険料相当額となる。

2.一時払変額個人年金の解約返戻金の額は、運用実績にかかわらず、最低保証される。

3.一時払定額個人年金(終身型)の保険料の金額について、被保険者が男性の場合と女性の場合を比較すると、被保険者の年齢および基本年金額等の契約内容が同一の場合、被保険者が男性の場合の方が高い。

4.一時払定額個人年金の保険料の金額について、10年確定型と10年有期型を比較すると、被保険者が同一人で基本年金額等の他の契約内容が同一の場合、10年確定型の方が高い。

ページトップへ戻る
   

問13 解答・解説

個人年金保険の商品性に関する問題です。

1.は、不適切。一時払変額個人年金保険の死亡給付金は、一時払い保険料相当額が最低保証されますが、運用実績によってはより高額になる場合もあります。

2.は、不適切。一時払変額個人年金保険は、解約返戻金に最低保証がありませんので、運用実績によって、解約返戻金が一時払保険料の額を下回ることがあります。
なお、年金原資や年金受取総額には、運用実績にかかわらず、最低保証があるタイプもあります。

3.は、不適切。「一時払定額個人年金(終身型)」を分解すると、まず保険料は「一時払い」、もらえる年金は運用実績で変動しない「定額」、そして死ぬまで年金がもらえる「終身型」です。
従って、年齢や年金額といった契約内容が同じの場合、男性より平均余命が長い女性の方が、死亡するまでに多くの年金をもらえる可能性が高いため、個人年金の保険料も男性より高くなります

4.は、適切。個人年金保険の種類をまとめると、以下の通りです。
終身年金…被保険者が生存している限り年金有り。
確定年金…年金支払期間中、被保険者の生死に関係なく年金有り。
有期年金…年金支払期間中、被保険者が生存している限り年金有り。

よって、10年確定型と10年有期型を比較すると、被保険者や年金額等の契約内容が同じ場合、10年確定型の方がもらえる年金額が多くなりやすいため、保険料も高くなります。

問12             問14
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.