問12 2011年5月実技(資産設計)

問12 問題文と解答・解説

問12 問題文

    下記<資料>は、川久保佳宏さんが平成23年中に支払う予定の生命保険料等を示したものである。川久保さんの平成23年分の所得税の一般の生命保険料控除額と個人年金保険料控除額の組み合わせとして、正しいものはどれか。

    <資料>
    ○ 定期保険(保険期間10年、無配当)
      契約者          :川久保 佳宏
      被保険者        :川久保 佳宏
      死亡保険金受取人:川久保 理香(妻)
      平成23年の払込保険料:50,400円
    ○ 個人年金保険(10年確定年金、税制適格特約付)
      契約者    :川久保 佳宏
      被保険者  :川久保 佳宏
      年金受取人:川久保 佳宏
      平成23年の払込保険料:96,000円
      平成23年の配当金    :なし

    <所得税の一般の生命保険料控除または個人年金保険料控除の控除額の速算表>
     
    (注)支払った保険料とは、その年に支払った金額から、その年に受けた剰余金や割戻金を差し引いた残りの金額をいう。

    1.一般の生命保険料控除額 37,600円、個人年金保険料控除額 49,000円
    2.一般の生命保険料控除額 37,600円、個人年金保険料控除額 50,000円
    3.一般の生命保険料控除額 50,000円、個人年金保険料控除額 49,000円
    4.一般の生命保険料控除額 50,000円、個人年金保険料控除額 50,000円

ページトップへ戻る
   

問12 解答・解説

生命保険料控除・個人年金保険料控除に関する問題です。

生命保険料控除は、保険金受取人が、自分自身・配偶者・その他の親族である生命保険の保険料が対象です(保険期間5年未満のもの、外国保険会社との国外契約を除く)。
また、個人年金保険料控除は、個人年金保険料税制適格特約が付加された個人年金の保険料が対象です。

従って、本問の保険契約はいずれも対象となるため、それぞれの払込保険料の金額を、速算表に当てはめれば控除額が分かります。

生命保険料控除    :払込保険料50,400円×1/4+25,000円=37,600円
個人年金保険料控除:払込保険料96,000円×1/4+25,000円=49,000円

以上により正解は、
1.一般の生命保険料控除額 37,600円、個人年金保険料控除額 49,000円

問11             問13
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.