問27 2012年9月実技資産設計提案業務

問27 問題文と解答・解説

問27 問題文

学さんは、個人向け国債の購入を検討している。個人向け国債の取扱いが一部変更になったこともあり、FPの安西さんに個人向け国債について質問をした。個人向け国債(個人向け復興国債)の中途換金の取扱いに関する下表の空欄(ア)〜(エ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<従来> 
 

<平成24年4月16日から> 
 
(注)平成25年1月以降の中途換金については、「0.8」から「0.79685」に変更される。

1.(ア)1  (イ)2  (ウ)1  (エ)2
2.(ア)1  (イ)2  (ウ)2  (エ)4
3.(ア)2  (イ)4  (ウ)1  (エ)2
4.(ア)2  (イ)4  (ウ)2  (エ)4

ページトップへ戻る
   

問27 解答・解説

個人向け国債に関する問題です。

平成23年12月募集分から、従来の「個人向け国債」は全て「個人向け復興国債」となり、購入代金は東日本大震災からの復興を図る施策に使われています(商品性は従来の個人向け国債と同じ)。
3年:固定金利(基準金利-0.03%),中途換金は第2期利子支払日以降(発行後1年),毎月発行
5年:固定金利(基準金利-0.05%),中途換金は第2期利子支払日以降(発行後1年),年4回発行
10年:変動金利(基準金利×0.66),中途換金は第2期利子支払日以降(発行後1年),年4回発行

個人向け国債の中途換金は、従来は3年固定と10年変動が1年後、5年固定が2年後となっていましたが、平成24年4月募集分からは、全て1年後となりました。
また、中途換金時の換金金額についても、従来は3年固定と10年変動は直前2回分、5年固定は直前4回分の利子相当額×0.8が差し引かれていましたが、平成24年4月募集分からは、全て直前2回分の利子相当額×0.8が差し引かれるようになりました。
※平成25年1月以降の中途換金は、「0.8」から「0.79685」に変更。

従って正解は、(ア)2 (イ)4 (ウ)1 (エ)2

資料27-33             問28
    ページトップへ戻る

    関連・類似の過去問

    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.