第4問 2013年1月実技個人資産相談業務

第4問 問題文と資料

第4問 問題文

Aさんは,母と妻の3人で一戸建て住宅(土地・建物ともに母と共有)に当該住宅を取得して以来居住しているが,今般,母が介護付き老人ホームに入居することになり資金の手当てが必要となった。そこで,建物は古く建替えの時期でもあることから,この機会に売却することにより,母の持ち分相当額は老人ホーム資金に,自分の持分相当額は自宅近くのマンション購入資金に,それぞれ充当しようと考えている。
自宅の譲渡については,税制上のメリットがあると聞いたことがあるが,詳しくはわからないため,懇意にしているファイナンシャル・プランナーに相談することにした。

ページトップへ戻る
   

第4問 資料

〈譲渡予定物件および購入予定マンションの概要〉


※建築を検討している賃貸アパートは店舗兼用ではなく,また,認定長期優良住宅に該当しない。
※甲土地,および甲土地と乙土地の一体地は,ともに建ぺい率の緩和について特定行政庁が指定する角地である。

※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

問9             問10
    ページトップへ戻る

    関連・類似の過去問

    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.