問11 2013年1月実技個人資産相談業務

問11 問題文と解答・解説

問11 問題文

「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例(以下,「本特例」という)」について説明した次の文章の空欄(1)〜(3)に入る最も適切な語句を,下記の〈語句群〉のイ〜リのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。

本特例の適用を受けるためには,譲渡資産の所有期間が譲渡の年の1月1日現在で(  1  )超,居住期間は(  1  )以上,対価の額は(  2  )以下である必要がある。
また,買換え資産は,個人が居住の用に供する部分の建物床面積が(  3  )以上,敷地の面積は500u以下である必要がある。

〈語句群〉
イ.3年   ロ.5年   ハ.10年   二.1億2,000万円
ホ.1億5,000万円  へ.2億円   ト.40u   チ.50u   リ.60u

ページトップへ戻る
   

問11 解答・解説

居住用財産の買換え特例に関する問題です。

居住用財産の買換え特例の適用条件のうち、譲渡資産の条件は、譲渡年の1月1日における所有期間が10年超、居住期間(居住の日から譲渡の日まで)10年以上、売却額が1億5,000万円以下、です。

また、買換え資産の条件は、家屋の床面積50u以上、敷地面積500u以下、です。

従って正解は、(1) 10年 (2) 1億5,000万円 (3) 50u

問10             問12
    ページトップへ戻る

    関連・類似の過去問

    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.