問4 2013年1月実技個人資産相談業務

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

外貨預金についてファイナンシャル・プランナーが説明した次の記述(1)〜(3)について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

(1) 日本国内に本店のある金融機関に預け入れた外貨預金は,元本1,000万円までとその利息等が預金保険制度による保護の対象となる。

(2) 外貨預金の満期時の適用為替レートを預入期間中にあらかじめ決定する為替予約を付すことで,満期時における受取円貨額を事前に確定させることができる。

(3) 預入時に為替予約を付した外貨預金の為替差益は,20%の源泉分離課税の対象となる。

ページトップへ戻る
   

問4 解答・解説

外貨預金に関する問題です。

(1) は、×。銀行が破綻した場合、預金保険制度により、預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等が保護されます(利息のつかない決済用預金は全額保護)。 ただし、外貨預金は預金保険機構の補償対象外のため、金融機関破綻時も補償されません。

(2) は、○。為替予約とは、満期時の為替レートをあらかじめ決めておくこと(為替先物予約)で、為替予約を付けた外貨預金は、満期時の円での受取額を事前に確定しておくことができます。

(3) は、○。為替先物予約付外貨預金(満期時の為替レートを予約した外貨預金)の場合は、利子と為替差益も含めて20%の源泉分離課税です。

第2問             問5
    ページトップへ戻る

    関連・類似の過去問

    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.