問19 2012年9月学科

問19 問題文と解答・解説

問19 問題文択一問題

民間の保険会社が販売する第三分野の保険等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.特定(3大)疾病保障保険における特定(3大)疾病とは、ガン、急性心筋梗塞、糖尿病の3つの疾病のことである。

2.先進医療特約の対象となる先進医療の種類は、約款に記載されており、契約後に変更されることはない。

3.特定(3大)疾病保障定期保険と定期保険の保険料は、保険期間や死亡・高度障害保険金の金額等の契約条件が同一であれば、一般に、特定(3大)疾病保障定期保険の方が金額が高くなる。

4.リビング・ニーズ特約に基づき支払われる生前給付金は、一般に、金額に上限は設けられていない。

ページトップへ戻る
   

問19 解答・解説

特定疾病保障保険とリビング・ニーズ特約、先進医療特約に関する問題です。

1.は、不適切。特定疾病保障保険は、三大成人病のガン・急性心筋梗塞・脳卒中にかかった場合に、死亡保険金と同額の特定疾病保険金が支払われる保険です。

2.は、不適切。先進医療特約は、厚生労働大臣が承認する先進医療治療を所定の医療機関にて受けたときに、給付金が支払われる特約です。
対象となる先進医療の種類は、保険契約後に新しく認められた先進医療も支払いの対象となるため、契約後に変更されることがあります。

3.は、適切。特定(3大)疾病保障定期保険と定期保険では、特定(3大)疾病保障定期保険は、三大成人病にかかった場合に、死亡保険金と同額の特定疾病保険金を受け取れる点が有利ですから、保険期間や保険金等の契約条件が同じであれば、一般に、特定(3大)疾病保障定期保険の方が保険料は高くなります

4.は、不適切。リビング・ニーズ特約の生前給付金は、一般に3,000万円が上限です。

問18             問20
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.