問6 2013年1月実技個人資産相談業務

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

Aさんが,平成24年中に,設例の条件で豪ドル定期預金を行って満期を迎えた場合の,受取利息に対する20%税引後の円ベースでの運用利回り(単利による年換算)を,解答用紙の手順に従い,計算過程を示して求めなさい。なお,計算にあたっては受取利息にかかる税金以外の税金や設例に記載されているもの以外の手数料等は考慮しないものとし,〈答〉は%表示の小数点以下第3位を四捨五入すること。

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

外貨預金の利回りに関する問題です。

1万豪ドルの定期預金をしたわけですから、預入時のレートTTS1豪ドル82円から、投資した円は、1万豪ドル×82円=82万円

また、利息は年率2.0%で、6ヶ月満期ですから、6ヶ月分の利息は年利の12分の6です。
よって、6ヶ月分の利息=10,000豪ドル×2.0%×6/12=100豪ドル です。

本問では20%の税引き後の利回りを求めますから、まず手取りの利息額を求めます。
満期時のレートは、TTB1豪ドル83円なので、100豪ドルを円換算すると、
100豪ドル×83円×(1−20%)=6,640円 ←これが手取りの利息額。

また、元本1万豪ドルを円換算すると、TTB1豪ドル83円なので、1万豪ドル×83円=83万円ですので、
円転した元利合計額=830,000円+6,640円=836,640円

当初元本820,000円が満期で836,640円に増えましたね。
836,640円−820,000円=16,640円 ←これが利益額。

ただし、本問では年換算の利回りを求めますので、
今算出された利益額は6ヶ月分ですから、年換算するにはこれを2倍します。
年換算の利益額=16,640円×2=33,280円

元本に対する割合は、33,280円÷820,000円×100≒4.06%(小数点以下第3位四捨五入)

よって、正解は 4.06% 

なお、顧客が円を外貨に換える際の為替レートはTTSで、顧客が外貨を円に換える際の為替レートがTTBです。
TTS…「顧客が円売り」もしくは「銀行が外貨売り」ですので、「売り」=Sell
TTB…「顧客が円買い」もしくは「銀行が外貨買い」ですので、「買い」=Buy

問5             第3問
    ページトップへ戻る

    関連・類似の過去問

    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.