問21 2013年1月学科

問21 問題文と解答・解説

問21 問題文択一問題

わが国の経済指標等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.国全体の経済規模を示す経済指標として国内総生産(GDP)があり、通常、この増加率が経済成長率と呼ばれる。

2.全国企業短期経済観測調査(日銀短観)は、全国約1万社の企業の経営者を対象としたアンケート調査である。

3.内閣府は、景気動向指数の一致CI(コンポジット・インデックス)の数値が、50%未満から50%超になった場合に、その50%を超えた月の前月を、景気の谷と決定する。

4.一般消費者が購入している財・サービスの価格の動きを示す消費者物価指数は、消費税を含んだ価格で集計されている。

ページトップへ戻る
   

問21 解答・解説

経済指標に関する問題です。

1.は、適切。GDP(国内総生産)とは、一定期間に国内で生産された財やサービスなどの付加価値の総額のことで、内閣府が発表します。
また、このGDPの変動(伸び率)が、経済成長率と呼ばれるものです。

2.は、適切。「日銀短観(全国企業短期経済観測調査)」は、日銀が年4回、約1万社を対象に実施する、短期の業況についてのアンケート調査です。

3.は、不適切。DIによる景気の山・谷判断は、50%を下回る直前の月が「景気の山」、50%を上回る直前の月が「景気の谷」として判断しますが、CIによる景気の山・谷判断は、単に連続上昇・低下で判断するのではなく、3ヶ月と7ヶ月の後方移動平均で判断します。

4.は、適切。消費者物価指数は、一般消費者(家計)が購入する商品や サービス価格の動向を示した指数で、消費税も含みます。よって、消費税が上がれば消費者物価指数も上がります。

問20             問22
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.