第2問 2012年9月実技個人資産相談業務

第2問 問題文と資料

第2問 問題文

東京都近郊に住むAさん(60歳)は,5年前,国内証券会社である甲証券に開設した特定口座(源泉徴収あり)を通じ,余裕資金を投じてXファンド(国内・公募・追加型株式投資信託,毎年2・8月の年2回決算型,信託財産留保額なし)を100万口(当初1口1円)購入した。Aさんは現在も,そのとき購入したXファンドの全口数を保有し,平成24年8月に,Xファンドからの収益分配金を受け取っている。
Aさんは,先日,甲証券の営業職員からYファンドを紹介されたのを契機に,Yファンドを比較対象としてXファンドの運用成績を検討したいと考えるようになった。また,Xファンドを換金する可能性もあることから,投資信託に係る課税関係も気になっている。
Aさんは,ファイナンシャル・プランナーに相談することにした。

ページトップへ戻る
   

第2問 資料

〈資料1〉Aさんが平成24年8月に受け取ったXファンドの収益分配金等に関する情報
収益分配金の金額:1,000円
 内訳 普通分配金:500円、元本払戻金(特別分配金):500円
収益分配金落ち後のAさんの個別元本の額:11,000円
※いずれも,1万口当たりの金額である。
※Aさんは収益分配金を特定口座(源泉徴収あり)で受け入れている。

〈資料2〉XファンドとYファンドの過去5年間の運用パフォーマンスに関する情報
平均収益率:Xファンド10%、Yファンド12%
収益率(リターン)の標準偏差(リスク):Xファンド5%、Yファンド4%

※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

問3             問4
    ページトップへ戻る

    関連・類似の過去問

    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.