問7 2012年9月学科

問7 問題文と解答・解説

問7 問題文択一問題

国民年金基金および小規模企業共済に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.国民年金の第1号被保険者であっても、国民年金の保険料の納付が免除されている者は、国民年金基金に加入することができない。

2.国民年金基金への加入は口数制となっており、1口目は終身年金、2口目以降は終身年金または確定年金から選択する。

3.小売業を営む個人事業の従業員であっても、国民年金の第1号被保険者である者は、小規模企業共済に加入することができる。

4.小規模企業共済の掛金月額は、最低1,000円、最高70,000円である。

ページトップへ戻る
   

問7 解答・解説

国民年金基金・小規模企業共済に関する問題です。

1.は、適切。国民年金の免除者(一部免除等含む)と農業者年金の被保険者は、国民年金基金に加入できません

2.は、適切。国民年金基金の1口目は必ず終身年金(65歳から支給)となり、2口目以降は終身年金か確定年金かを選択できます。

3.は、不適切。小規模企業共済の加入条件は、常時使用する従業員数が20人以下(商業・サービス業は5人以下)の個人事業主または法人の役員です。
よって、個人事業の従業員は、加入できません。

4.は、適切。小規模企業共済の掛金は、1,000円から7万円の範囲内(500円単位)で事業主が増額・減額できます。

問6             問8
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.