問6 2017年1月実技生保顧客資産相談業務

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

最後に、Mさんは、Aさんに対して、生命保険の見直しについて説明した。Mさんが説明した次の記述(1)〜(3)について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

(1)「今回の必要保障額の計算は、あくまでもAさんが死亡した場合を想定しており、Aさんがケガや病気等で働けなくなったケースは想定していません。死亡保障の準備と同時に、公的介護保険制度や身体障害者福祉法に連動して保険金が支払われる保険商品などへの加入を検討してみるとよいと思います」

(2)「学資(こども)保険は、保険期間中に契約者が死亡した場合でも、通常、以後の保険料払込が免除されたうえで、学資祝金や満期祝金を受け取ることができる生命保険です。貯蓄性の比較的高い保険商品と比較的安い保険料で高額の保険金が確保できる定期保険を上手に組み合わせて、必要な保障額を準備されることをお勧めします」

(3)「Aさんが加入している終身保険は、死亡保障だけでなく、将来の資金需要に対応できる貯蓄性を兼ね備えています。老後の生活資金を準備する目的を兼ねて、終身保険は継続されることをお勧めします」

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

民間の介護保険等・学資保険・終身保険に関する問題です。

(1)は、○。死亡・高度障害以外で長期入院する等で働けなくなった場合、治療費以外にも生活費・住宅ローンの返済が続きますので、それに備えた保障として、公的介護保険の要介護認定に連動して支払われる民間の介護保険や、身体障害者福祉法に定める障害状態に連動して障害保障を給付する保険加入も検討に値します(いずれも給付金は非課税)。

(2)は、○。学資(こども)保険は、教育資金の準備に適した貯蓄性の比較的高い保険商品で、学資保険の契約者が死亡した場合、それ以降の保険料払込が免除され、学資祝金や満期祝金を受け取ることができます。
貯蓄性の高い保険商品と高額の保障が確保できる定期保険をうまく組み合わせることで、適切な保険料負担で必要な保障額を確保することが可能です。

(3)は、○。終身保険は、保障は一生涯で、被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われる保険です。
このため、「満期」がなく、保険料の払込期間が終了すると、保険料負担なしで保障が続きます。
また、解約返戻金は、期間の経過に従って、一定額まで増えていきますので、将来の資金需要に対応可能な貯蓄性も兼ね備えており、Aさんが加入した平成11年頃は今よりも高い予定利率であったことから、継続する方が良いと思われます。

問5             第3問

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.