問37 2016年9月実技資産設計提案業務

問37 問題文と解答・解説

問37 問題文

正博さんは、自分が死亡した場合の家族の生活資金についてFPの落合さんに質問をした。<設例>および下記の<条件>に基づき、正博さんが現時点(平成28年9月1日時点)で交通事故で即死した場合の家族の生活資金の合計額として、正しいものはどれか。なお、税金については考慮しないこととする。

<条件>
・ 正博さんが現時点(平成28年9月1日時点)で死亡した場合に支払われる死亡退職金(一時金):1,800万円
・ 正博さんが現時点(平成28年9月1日時点)で死亡した場合の家族の生活資金の計算式:
死亡時に倉田家(正博さんと靖子さん)が保有している金融資産+死亡退職金(一時金)+死亡により支払われる死亡保険金−返済すべき債務

※その他の記載のない条件は、一切考慮しないこと。

1.3,450万円

2.4,450万円

3.5,730万円

4.6,730万円

ページトップへ戻る
   

問37 解答・解説

家族の生活資金に関する問題です。

まず、現時点の倉田家の金融資産は、正博さんと靖子さんの保有分の合計として以下の通りです。
現時点の倉田家の金融資産=770万円+100万円+180万円=1,050万円

次に、正博さんが死亡した場合、契約中の保険から、定期保険Aから1,000万円、低保険特約付終身保険Bからは終身部分と定期部分の合計で1,800万円、終身保険Cから300万円がそれぞれ死亡保険金として支払われます。
さらに、不慮の事故で180日以内に死亡した場合、災害割増特約が上乗せされます(傷害特約も同様)。
災害割増特約:不慮の事故による死亡・高度障害が支払対象
傷害特約:不慮の事故による死亡・身体障害が支払対象(障害の程度に応じて給付)
よって、受け取る保険金額合計=1,000万円+1,000万円+1,800万円+300万円=4,100万円

また、団体信用生命保険では、住宅ローンを借りた人が死亡・高度障害状態になった場合、本人に代わって保険会社がローン残高を債権者(銀行)に支払います。

これに対し、自動車ローン等の残債は、契約者が死亡しても債務は消えず、相続人が返済する債務となります。

従って、生活資金の合計額=1,050万円+1,800万円+4,100万円−220万円=6,730万円

以上により正解は、4.6,730万円

問36             問38

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.