問35 2016年5月実技資産設計提案業務

問35 問題文と解答・解説

問35 問題文

<設例>の<資料4>および下記<資料>に基づいて計算した平成27年分の神田商店のキャッシュフローの金額として、正しいものはどれか。

<資料>
[前提条件]
・決算時において、売上および必要経費に関して「未収」・「未払」・「前受」・「前払」となっている金額はないものとする。また、平成27年中の固定資産の購入もないものとする。
・<資料4>に記載されているデータおよび上記以外に、キャッシュフローの計算に影響を与えるものはないものとする。

[キャッシュフローの計算式]
キャッシュフロー=売上(収入)金額−売上原価−必要経費の合計額+必要経費のうち現金支出を伴わない経費の額−必要経費に含まれていない現金支出の額

1.1,140万円

2.1,210万円

3.1,240万円

4.1,310万円

ページトップへ戻る
   

問35 解答・解説

キャッシュフローに関する問題です。

キャッシュフローは、一定期間内の現金の流入と流出をそれぞれ合計し、流入額から流出額を差し引いた手元に残る資金の流れのことです。

本問では、売上金額・売上原価・必要経費は全て資料に記載されていますが、キャッシュフローの計算上、必要経費のうち現金支出を伴わない額は加算し、必要経費に含まれていない現金支出は減算します。

本問の必要経費のうち、利子割引料とは、事業用の借入金に対する利息(金利手数料)や手形の割引料等で、事業に必要なものであれば、必要経費に算入可能です。
実際に借入金の返済や手形の割引時に現金が流出しますので、キャッシュフローの計算上も必要経費に含まれます。

また、業務用の建物や機械等の、時間経過や利用頻度で価値が減少する資産については、減価償却資産として取り扱い、建物などの取得価額のうち、毎年一定額または一定割合を経費計上します。
よって、実際には現金支出はないものの必要経費に含まれるため、キャッシュフローの計算上は、減価償却費は加算対象となります。

最後に、資産・負債の状況欄における借入金600万円のうち、100万円が平成27年中の借入金の元本返済に充当されています。
元本部分は土地や建物といった資産に変わっているだけで、価値は変わらないとされるため、借入金の元本部分の返済は、必要経費になりません。ただし、実際には借金返済でお金が出ていっていますので、キャッシュフローの計算上では、元本部分の返済は、支出扱いです(必要経費に含まれていない現金支出)。

キャッシュフロー=4,500万円−2,240万円−(30万円+70万円+920万円)+70万円−100万円=1,210万円

従って正解は、2. 1,210万円

問34             問36

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.