問24 2022年9月学科

問24 問題文と解答・解説

問24 問題文択一問題

債券のイールドカーブ(利回り曲線)の一般的な特徴等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.イールドカーブは、縦軸を債券の利回り、横軸を債券の残存期間として、利回りと投資期間の関係を表した曲線である。

2.イールドカーブは、好況時に中央銀行が金融引締めを行うとスティープ化し、不況時に中央銀行が金融緩和を行うとフラット化する傾向がある。

3.イールドカーブは、将来の景気拡大が予想されるとスティープ化し、将来の景気後退が予想されるとフラット化する傾向がある。

4.イールドカーブの形状は、通常、右上がりの順イールドであるが、急激な金融引締め時に右下がりの逆イールドとなる傾向がある。

ページトップへ戻る
   

問24 解答・解説

債券の仕組み・特徴に関する問題です。

1.は、適切。イールドカーブとは、残存年数の異なる金利を線で結んでグラフにしたもの(縦軸:金利、横軸:期間)で、右上がりの曲線を順イールド、右下がりの曲線を逆イールドといいます。

2.は、不適切。残存期間の短い債券より長い債券の利回りが高いとき、期間が長いほど金利が高くなるわけですから、イールドカーブは右上がりの曲線=順イールドとなります。
イールドカーブのスティープ化とは、残存期間の短い債券と長い債券の利回りの差が大きくなり、期間が長くなると利回りが急に高くなることでイールドカーブが急な傾きの曲線となることです(残存期間が異なる債券の利回り差の縮小はフラット化)。
従って、好況時に中央銀行が短期金利を利上げして金融引き締めを行うと長期金利との利回り差が縮小してイールドカーブがフラット化し、不況時に中央銀行が短期金利を利下げして金融緩和を行うと長期金利との利回り差が拡大してイールドカーブがスティープ化することになります。

3.は、適切。景気上昇(拡張)は、将来の雇用や所得に対する不安を減らす効果があるため、「モノが売れそうだから借金してでも生産設備を整えよう」という状況となるため、企業の資金需要が増し、金利の上昇要因となります。これに対し、景気の後退は、将来の雇用や所得に対する不安の高まりや、消費意欲の落ち込みを招くため、モノが売れなくなります。つまり、「借金して生産設備を整えてもモノが売れない」という状況となるため、企業の資金需要が減り、金利の下落要因となります。
従って、将来の景気拡大が予想されるときには、将来の金利である長期金利が上昇するため、短期金利との利回り差が拡大してイールドカーブがスティープ化し、将来の景気後退が予想されるときには、将来の金利である長期金利が低下するため、短期金利との利回り差が縮小してイールドカーブがフラット化することになります。

4.は、適切。残存期間が長い債券は、残存期間が短い債券よりも、償還時までに価格変動リスクを受ける期間が長いため、その分利回りが高くなります。このため、期間が長いほど利回りが高くなるわけですから、通常であればイールドカーブは右上がりの曲線=順イールドとなります。ただし、中央銀行が短期間で続けて利上げするような急激な金融引き締めを行うと、長期金利との利回り差が逆転して残存期間の短い債券より長い債券の利回りが低くなり、期間が長いほど利回りが低くなるわけですから、イールドカーブは右下がりの曲線=逆イールドとなります。

よって正解は、2.

問23             問25

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.