問22 2022年9月学科

問22 問題文と解答・解説

問22 問題文択一問題

一般的な投資信託の分類方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.組入れ資産のほとんどを債券が占め、株式をまったく組み入れていない証券投資信託であっても、約款上、株式に投資することができれば、株式投資信託に分類される。

2.契約型投資信託は、委託者指図型と委託者非指図型に大別され、委託者指図型投資信託は、投資信託委託会社(委託者)と信託銀行等(受託者)との信託契約により、委託者の運用指図に基づいて運用される投資信託である。

3.単位型投資信託は、投資信託が運用されている期間中いつでも購入できる投資信託であり、追加型投資信託は、当初募集期間にのみ購入できる投資信託である。

4.パッシブ型投資信託は、対象となるベンチマークに連動する運用成果を目指して運用される投資信託である。

ページトップへ戻る
   

問22 解答・解説

投資信託の分類に関する問題です。

1.は、適切。株式投資信託は、約款上運用対象に株式を組み入れることができる投資信託のことで、運用上公社債だけで運用していても、約款上で株式の組み入れを認めていれば、株式投資信託となります。

2.は、適切。契約型の委託者指図型投資信託とは、一般的な投資信託のことで、投資家(受益者)が販売会社に申し込み、運用会社(委託者)がその申込金を信託銀行(受託者)に信託して運用指図を行い、実際の運用は信託銀行が行います。

3.は、不適切。単位型(ユニット型・クローズ型)投信は、当初募集期間にのみ購入可能で、償還期限まで解約できない場合があります。これに対し追加型(オープン型)投信は、当初設定日以降も追加設定が行われ(追加購入可能)、従来の信託財産とともに運用される投資信託です。

4.は、適切。パッシブ運用とは、投資評価の基準となるベンチマークの動きと連動した運用成績を目指す運用スタイルです。一方、アクティブ運用は、投資評価の基準となるベンチマークを上回る運用成績を目指す運用スタイルです。

よって正解は、3.

問21             問23

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.