問8 2022年1月実技資産設計提案業務

問8 問題文と解答・解説

問8 問題文

下記<資料1>は、天野さんが購入を予定している新築マンションの物件概要である。<資料1>の住戸の均等積立方式による修繕積立金の目安額(月額)を下記<資料2>に基づいて計算しなさい。なお、<資料1>および<資料2>に記載のない事項は一切考慮しないこととする。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。なお、端数が出る場合は、計算過程においては端数処理をせずに計算し、計算結果については小数点以下第1位を四捨五入すること。

<資料1>
○○マンション 510号室(専有床面積75u)
[○○マンションの概要]
・ 地上7階建て
・ 建築延床面積:8,000u
・ 専有床面積の合計:6,000u
・ 駐車場:3段(ピット2段)昇降式の機械式駐車場30台分

<資料2>均等積立方式による修繕積立金の目安額(月額)
・ 算出式 Y=AX+B
Y:購入予定のマンションの修繕積立金の目安額
A:専有床面積当たりの修繕積立金の額(下表A)
X:購入予定のマンションの専有床面積(u)
B:機械式駐車場がある場合の加算額
=機械式駐車場の1台当たりの修繕工事費(下表B)×台数×購入を予定する住戸の負担割合
※住戸の負担割合は、専有部分の床面積の割合とする。

A:専有床面積当たりの修繕積立金の額


B:機械式駐車場の1台当たりの修繕工事費

(出所:国土交通省「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」を基に作成)

ページトップへ戻る
   

問8 解答・解説

マンションの修繕積立金に関する問題です。

マンションを購入したら、毎月、管理費や修繕積立金を払うことになりますが、毎月の修繕積立金の額を低めに設定し、マンション販売を促進しようとする不動産業者も現れたため、2011(平成23)年に国土交通省が「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」を公表しました。
あくまで「ガイドライン」であるため、不動産業者が従う義務はありませんが、購入者側にとって提示された修繕積立金が妥当なものか、判断する目安とすることができます。

本問の場合、7階建てマンションの建築延床面積が8,000uですから、資料2より、平均値(1u当たり)は202円です。
また、購入予定のマンション(住戸)の専有床面積が75uです。
機械式駐車場がある場合には、上記に一定額が加算されますが、資料1より本問のマンションには3段(ピット2段)昇降式の機械式駐車場30台分があります。
資料2より、機械式駐車場の修繕工事費(1台当たり月額)は6,040円で、「※住戸の負担割合は、専有部分の床面積の割合」とあるため、専有延床面積の合計6,000uに対する、専有床面積75uの割合ということになります。
機械式駐車場がある場合の加算額=6,040円×30台×75u/6,000u=2,265円

従って、
修繕積立金の目安=202円×75u+2,265円=17,415円

よって正解は、17,415(円)

問7             問9

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.