問24 2022年1月学科

問24 問題文と解答・解説

問24 問題文択一問題

債券のデュレーションに関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

デュレーションは、債券への投資資金の平均回収期間を表すとともに、債券投資における金利変動リスクの度合い(金利変動に対する債券価格の感応度)を表す指標としても用いられる。他の条件が同じであれば、債券の表面利率が低いほど、また残存期間が長いほど、デュレーションは( ア )。なお、割引債券のデュレーションは、残存期間( イ )

1.(ア)長くなる  (イ)と等しくなる

2.(ア)短くなる  (イ)よりも短くなる

3.(ア)長くなる  (イ)よりも短くなる

4.(ア)短くなる  (イ)と等しくなる

ページトップへ戻る
   

問24 解答・解説

債券の仕組み・特徴に関する問題です。

デュレーションとは、債券投資における資金の平均回収期間のことです。
利付債の場合、通常毎年利子(クーポン)を受け取れるため、債券が満期になる期間(残存期間)よりも、計算上、投資資金の平均的な回収までの期間は短くなります。

よって、クーポンが高い・残存期間が短い債券ほど、デュレーションは小さく・短くなる=債券の投資資金の回収期間が早くなり、
逆に、クーポンが低い・残存期間が長い債券ほど、デュレーションは大きく・長くなる=債券の投資資金の回収期間が遅くなる、ということです。

なお、割引債にはクーポンがないため、割引債の残存期間と割引債のデュレーションは等しくなります

よって正解は、1.

問23             問25

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.