第2問 2021年5月実技生保顧客資産相談業務

第2問 設例と資料

第2問 設例

会社員のAさん(31歳・厚生年金保険の被保険者)は、今年、妻Bさん(31歳・専業主婦)と結婚した。現時点でAさん夫妻に子はいない。Aさんは、これまで独身であったことから、生命保険には、昨年加入した個人年金保険(個人年金保険料税制適格特約付加)のみに加入している。しかし、妻Bさんと結婚したことを機に、死亡保障や就業不能時の保障の必要性を感じていたところ、生命保険会社の営業担当者から下記の生命保険の提案を受けた。
Aさんは、生命保険に加入するにあたり、その前提として、自分が死亡した場合や障害状態となり働けなくなった場合に公的年金制度からどのような給付が受けられるのかについて知りたいと思っている。
そこで、Aさんは、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。

ページトップへ戻る
   

第2問 資料

<Aさんが提案を受けた生命保険に関する資料>
保険の種類:5年ごと配当付特約組立型総合保険(注1)
月払保険料:13,900円(保険料払込期間:60歳満了)
契約者(=保険料負担者)・被保険者 : Aさん
死亡保険金受取人:妻Bさん
指定代理請求人 :妻Bさん

(注1)複数の特約を自由に組み合わせて加入することができる保険。
(注2) 入院または在宅療養が30日間継続した場合に6カ月分の給付金が支払われ、その後6カ月ごとに所定の就業不能状態が継続した場合に最大2年間(24カ月間)の就業不能給付金が支払われる(死亡保険金の支払はない)。
(注3) 病気やケガで1日以上の入院の場合に入院給付金が支払われる(死亡保険金の支払はない)。

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問3             問4

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.