問12 2021年1月実技中小事業主資産相談業務

問12 問題文と解答・解説

問12 問題文

収用等の場合の課税の特例に関する以下の文章の空欄(1)〜(3)に入る最も適切な語句を、下記の〈語句群〉のなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

法人の所有する資産が収用等され、交付を受けた補償金等(対価補償金および移転補償金などで対価補償金として取り扱うものに限る)により代替資産を取得した場合、代替資産について圧縮限度額の範囲内で帳簿価額を損金経理により減額するなどの方法で経理したときは、その経理した金額を損金の額に算入する圧縮記帳の適用が受けられる。圧縮記帳の適用を受けるためには、収用等された資産が( 1 )であることや、原則として収用等のあった日から( 2 )以内に代替資産を取得することなどの要件を満たす必要がある。
また、法人が収用等の補償金等について圧縮記帳の適用を受けない場合、所定の要件を満たせば、譲渡益の額と( 3 )とのいずれか低い金額を損金の額に算入することができる。

〈語句群〉
イ.固定資産 ロ.棚卸資産 ハ.流動資産
ニ.1年 ホ.2年 ヘ.3年
ト.2,000万円 チ.3,000万円 リ.5,000万円

ページトップへ戻る
   

問12 解答・解説

収用に伴う課税繰延べ・5000万円特別控除に関する問題です。

租税特別措置法における収用等の場合の課税の特例は、公共事業などの収用により資産を譲渡し、補償金を取得した場合に適用が受けられます。

具体的には、「収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例」では補償金で代替資産を購入したときには、譲渡した資産の取得費を代替資産に引き継ぐことが可能で、課税繰り延べの効果があります。
なお、「課税繰延べの特例」の適用を受けるには、収容等の対象となった資産が固定資産であることや、収用等のあった日から2年以内に代替資産を取得することが必要です。

また、「収用交換等の場合の譲渡所得等の特別控除」では、課税所得から最高5,000万円の特別控除を受けることが出来ます(譲渡益と控除限度額5,000万円の、いずれか少ない額を損金算入可能)。

以上により正解は、(1)イ.固定資産 (2)ホ.2年 (3)リ.5,000万円

問11             第5問

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.