問39 2020年9月実技資産設計提案業務

問39 問題文と解答・解説

問39 問題文

公一さんは、自らが営む店舗で初めて従業員を雇うことを考えており、労働者災害補償保険(以下「労災保険」という)について、FPの宇野さんに質問をした。労災保険の概要に関する次の(ア)〜(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

(ア)労災保険が適用される労働者は、1週間の所定労働時間が20時間以上であり、かつ同一の事業主に継続して31日以上雇用されることが見込まれる者に限られる。

(イ)事業主は原則として労災保険の適用を受けないが、労働保険事務組合に事務委託している一定の中小事業主については、特別加入をすることにより適用を受けることができる。

(ウ)労災保険料は、労働者と事業主が折半して負担する。

(エ)労災保険は、業務災害に対する補償給付や通勤災害に対する給付を行うほか、脳血管疾患や心臓疾患の発症を予防する目的で二次健康診断等給付を行う。

ページトップへ戻る
   

問39 解答・解説

労働者災害補償保険に関する問題です。

(ア)は、×。労災は、アルバイトやパートタイマーといった雇用形態や労働時間・雇用期間に関わらず、労働者全員に適用されます。

(イ)は、○。労災の特別加入制度とは、中小事業主や自営業者といった労働者以外の人でも、その業務の実情・災害の発生状況などにより、特別に任意加入を認める制度です。
事業主の場合、常時使用する労働者数が一定数以下(業種によって異なる)の場合、労災に特別加入できます。

(ウ)は、×。労災の保険料は、事業主が全額負担します。

(エ)は、○。労災による保険給付には、業務災害と通勤災害がありますが、脳血管・心臓疾患の予防を目的とした二次健康診断等の給付もあります(定期(一次)健康診断で異常所見があった場合、二次健康診断が受けられます)。

問38             問40

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.