問14 2019年9月実技資産設計提案業務

問14 問題文と解答・解説

問14 問題文

下記<資料>の保険の対象となる住宅建物が火災により500万円の損害を受けた場合、支払われる損害保険金の額として、正しいものはどれか。なお、特約は付帯されていないものとする。また、解答に当たっては、<資料>に基づくこととする。

<資料1:個人用火災総合保険証券(一部抜粋)>
・保険の対象 住宅建物
・保険金額  1,200万円
・保険価額(再調達価額) 2,000万円
・補償内容・損害保険金


<資料2:個人用火災総合保険普通保険約款(一部抜粋)>
第2条 損害保険金を支払う場合
保険の対象が建物である場合において、
・当会社が損害保険金として支払うべき損害の額は、建物の再調達価額によって定めます。
・当会社が支払う損害保険金の額は、建物の保険金額を限度として、下記によって定めます。ただし、建物の損害の額が再調達価額に達した場合は、損害の額から自己負担額を差し引きません。

ア 保険金額が、建物の再調達価額の80%に相当する額以上の場合は、次の算式により算出した額とします。
損害の額−保険証券記載の自己負担額=損害保険金

イ ア以外の場合は、次の算式により算出した額とします。
(損害の額−保険証券記載の自己負担額)×建物の保険金額/(再調達価額×80%)=損害保険金

1. 300万円

2. 375万円

3. 500万円

4. 1,200万円

ページトップへ戻る
   

問14 解答・解説

一部保険の比例てん補に関する問題です。

損害保険で、保険価額(評価額)が保険金額より大きい保険は一部保険といい、保険金額より小さい保険は超過保険といいます。

<例>ある建物に保険をかける場合
保険価額(評価額):2,000万円
保険金額:1,000万円⇒一部保険(損害が一部分の場合は比例して保険金減額=比例てん補)
保険金額:3,000万円⇒超過保険(保険の上限は実際の損害額まで=実損てん補)

仮に上記2,000万円の建物に1,000万円分の損害が発生した場合、一部保険では1,000万円全額がもらえるわけではなく、保険金額/保険価額=1,000万円/2,000万円=2分の1が削減されます(比例てん補)

本問の場合、保険価額2,000万円の建物に保険金額1,200万円の保険をかけており、一部保険となりますが、保険金額は資料の約款によると、「ア 保険金額が、建物の再調達価額の80%に相当する額以上の場合」に該当せず(1,200万円/2,000万円×100=60%)、「イ ア以外の場合」に該当します。
よって、資料の算式に従って計算すると、
保険金額=(500万円−0円)×1,200万円/(2,000万円×80%)=375万円

従って正解は、2. 375万円

問13             問15

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.