問13 2019年9月実技資産設計提案業務

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文

荒木さんは、疾病Xおよび疾病Y(前後に入院した疾病Xとは無関係)により入院をした。下記<資料>に基づき、荒木さんが契約している医療保険の入院給付金の日数に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)に入る数値を解答欄に記入しなさい。なお、荒木さんは、入院Aについてはこの医療保険から所定の入院給付金を受け取っているが、それ以外にこの医療保険から一度も給付金を受け取っていないものとする。

<資料>
[荒木さんの入院日数]


[荒木さんの医療保険の入院給付金(日額)の給付概要]
・給付金の支払い条件:入院1日目から(日帰り入院含む)支払う。
・1入院限度日数:60日
・通算限度日数:1,095日
・180日以内に同じ疾病で再入院した場合には、1回の入院とみなす。

荒木さんが請求することができる入院給付金の日数は、入院Bについては( ア )日分であり、入院Cについては( イ )日分である。

ページトップへ戻る
   

問13 解答・解説

医療保険の入院給付金に関する問題です。

本問の医療保険では、「日帰り入院(入院1日目)から支払う。」とありますから、入院日数が支給対象期間です。
よって、1回目の入院Aでは、45日分が支払日数です。

また、「※180日以内に同じ病気で再度入院した場合は、1回の入院とみなす。」とありますから、2回目の入院Bでは疾病Yが原因で疾病Xとは無関係のため、1日目から支払対象となり、28日分が支払日数です。
これに対し、3回目の入院Cでは1回目の入院Aと同じ疾病Xが原因で、1回目の入院Aとの期間は153日間ですから、1入院限度日数は60日までです。
1回目45日+3回目36日=81日間ですので、81日−60日=21日分は支払対象外となります。
よって、3回目の入院Cでは、36日−21日=15日分が支払日数です。

従って正解は、(ア)28(日分) (イ)15(日分)

問12             問14

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.