問2 2019年9月実技資産設計提案業務

問2 問題文と解答・解説

問2 問題文

ファイナンシャル・プランニングのプロセスに従い、次の(ア)〜(カ)を6つのステップの順番に並べ替えたものとして、最も適切なものはどれか。

(ア)顧客の目標を達成するために必要なプランを作成し、顧客に提案書を提示して説明を行う。

(イ)顧客のキャッシュフロー表などを作成し、将来の財政状況の予測・分析等を行う。

(ウ)顧客の家族構成などの環境の変化、税制や法律改正の内容を考慮し、定期的にプランの見直しを行う。

(エ)作成したプランに従い、顧客が行う金融商品の購入、不動産売却等の実行を支援する。

(オ)顧客にファイナンシャル・プランニングで提供するサービス内容や報酬体系などを説明し、了解を得る。

(カ)面談やヒアリングシートにより顧客および家族の情報、財政的な情報等を収集し、顧客の財政的な目標を明確化する。

1.(オ) → (カ) → (イ) → (ア) → (エ) → (ウ)

2.(オ) → (カ) → (イ) → (エ) → (ア) → (ウ)

3.(カ) → (イ) → (オ) → (ア) → (エ) → (ウ)

4.(カ) → (イ) → (オ) → (エ) → (ア) → (ウ)

ページトップへ戻る
   

問2 解答・解説

ファイナンシャル・プランニング・プロセスに関する問題です。

プランニングは、以下の6つのステップで行うこととされています。
Step1.顧客との関係確立     …例:顧客とFPの責任の明確化
Step2.顧客データの収集     …例:ヒアリング等の調査
Step3.顧客の財務状況の分析と評価…例:キャッシュフロー分析等の現状分析
Step4.プランの検討・作成と提示 …例:提案書の作成・提示
Step5.プランの実行援助     …例:金融商品購入や不動産売却等の実行支援
Step6.定期的な見直し      …例:ライフステージ毎の保険相談等

従って、(ア)「顧客の目標を達成するために必要なプランを作成し、顧客に提案書を提示して説明を行う。」はStep4、(イ)「顧客のキャッシュフロー表などを作成し、将来の財政状況の予測・分析等を行う。」はStep3、(ウ)「顧客の家族構成などの環境の変化、税制や法律改正の内容を考慮し、定期的にプランの見直しを行う。」はStep6、(エ)「作成したプランに従い、顧客が行う金融商品の購入、不動産売却等の実行を支援する。」はStep5、(オ)「顧客にファイナンシャル・プランニングで提供するサービス内容や報酬体系などを説明し、了解を得る。」はStep1、(カ)「面談やヒアリングシートにより顧客および家族の情報、財政的な情報等を収集し、顧客の財政的な目標を明確化する。」はStep2となります。

よって(ア)〜(カ)の順番は、(オ)→(カ)→(イ)→(ア)→(エ)→(ウ)

以上により正解は、1.(オ) → (カ) → (イ) → (ア) → (エ) → (ウ)

問1             問3

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.