問3 2019年5月実技生保顧客資産相談業務

問3 問題文と解答・解説

問3 問題文

最後に、Mさんは、Aさんに対して、確定拠出年金の個人型年金(以下、「個人型年金」という)について説明した。Mさんが説明した次の記述(1)〜(3)について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

(1)「 Aさんが個人型年金に加入した場合、拠出できる掛金の限度額は、年額14万4,000円となります。ただし、個人型年金に加入後、原則として、掛金の拠出額を途中で変更(減額)することや掛金の拠出を停止することはできません」

(2)「個人型年金に加入するメリットとして、税制の優遇措置が挙げられます。加入者が拠出する掛金は、その全額が小規模企業共済等掛金控除の対象となります」

(3)「個人型年金に加入するにあたっての留意点として、加入時や運用期間中に各種の手数料がかかること、年金資産の運用リスクは加入者が負うことなどが挙げられます」

ページトップへ戻る
   

問3 解答・解説

確定拠出年金に関する問題です。

(1)は、×。確定拠出年金の個人型は、企業年金のある会社員や公務員、私学共済加入者の拠出限度額は月額12,000円(年額144,000円)までです。また、確定拠出年金の個人型の掛金額は、毎年4月から翌年3月までの年1回のみ変更可能で、限度額までの増額・減額も可能です。さらに、掛金の拠出停止はいつでも可能であり、拠出停止した場合は原則として運用指図者(掛金の拠出をせず運用指図だけ行う)となりますが、その後必要に応じて拠出を再開することも可能です。

(2)は、○。確定拠出年金は、運用中に発生する利息・収益分配金・売却益といった運用収益が非課税となり、掛金は、小規模企業共済等掛金控除として全額所得控除できる税制の優遇措置があります。

(3)は、○。確定拠出年金は、加入時や運用期間中に事務費などの手数料がかかる点と、将来の年金受取額が加入者自身の運用指図による運用実績に応じて増減するため、運用リスクを加入者自身が負うことに注意が必要です。

問2             第2問

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.