問24 2018年9月学科

問24 問題文と解答・解説

問24 問題文択一問題

債券の仕組みと特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.格付機関が行う債券の信用格付けで、「BBB(トリプルB)」格相当以上の債券は、一般に、投資適格債とされる。

2.日本国内において海外の発行体が発行する外国債券のうち、円建てで発行するものを「サムライ債」といい、外貨建てで発行するものを「ショーグン債」という。

3.日本銀行などの中央銀行が金融緩和策を強化すると、一般に、市場金利は低下し、債券価格も下落する。

4.個人向け国債は、基準金利がどれほど低下しても、0.05%(年率)の金利が下限とされている。

ページトップへ戻る
   

問24 解答・解説

債券の仕組み・特徴に関する問題です。

1.は、適切。格付けAAA〜BBBは投資適格とされ、これより下のクラス(BB以下)は投機的、または投資不適格とされます。

2.は、適切。外国債券とは、「発行体」・「発行地」・「通貨」のいずれかが外国の債券のことです。外国債券のうち、非居住者により日本国内で発行される円建て債券をサムライ債、非居住者が日本国内で発行する外貨建て債券をショーグン債と呼びます。

3.は、不適切。債券の価格は、市場金利が上昇すると下落し、市場金利が低下すると上昇します。日銀等の中央銀行が実施する金融緩和政策は、金融機関から国債等を買い入れて資金を市中に供給するため、市場の資金量が増加し、お金が借りやすくなることから市場金利が低下し、債券価格は上昇します。

4.は、適切。個人向け国債は、3年・5年・10年物全てで最低金利が保証されており、利率は年0.05%です。

よって正解は、3.

問23             問25

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.