問23 2018年9月学科

問23 問題文と解答・解説

問23 問題文択一問題

上場投資信託(ETF)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.ETFは、株価指数に連動するものに限られており、貴金属や穀物、原油など商品価格・商品指数に連動するものは上場されていない。

2.ETFを市場で購入する際に支払う委託手数料は、証券会社により異なる。

3.ETFを市場で売却する際には、証券会社に支払う委託手数料のほか、信託財産留保額がかかる。

4.ETFの分配金には、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)とがあり、税務上、普通分配金は課税対象となり、元本払戻金(特別分配金)は非課税となる。

ページトップへ戻る
   

問23 解答・解説

ETF(上場投資信託)の取引に関する問題です。

1.は、不適切。ETF(上場投資信託)は、TOPIXや日経225等の株価指数に連動するもの以外にも、原油や金、農産物等の商品価格・指数に連動するものがあります。

2.は、適切。ETF(上場投資信託)は、投資家による投信の申込や解約・売却が運用会社による株式の売買に直接影響せず、受益証券を投資家間で売買する形式であるため、他の非上場の投信よりも運用管理費用(信託報酬)が低くなっていますが、売買時の委託手数料は発生します。また、購入時の委託手数料は証券会社によって異なります

3.は、不適切。信託財産留保額は、投資家間の公平性を保つために、買付や換金に係る諸費用を買付代金に加算もしくは換金代金から差し引く金額ですが、ETFの売買は運用会社による株式の売買に直接影響せず、受益証券を投資家間で売買する形式であるため、ETF(上場投資信託)を市場で売却する際、証券会社への委託手数料が発生するものの、信託財産留保額はかかりません

4.は、不適切。ETF(上場投資信託)の分配金は、株式の配当金と同様に、分配金全額が課税対象です。
これに対し、投資信託の分配金には普通分配金と元本払戻金(特別分配金)があり、利益が出た分の普通分配金は課税対象となりますが、投信の価格が元本を下回ったときの分配金(元本払戻金(特別分配金))は、元本の取り崩しに相当するため、利益が出ているわけではないとして非課税となります。

よって正解は、2.

問22             問24

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.