問6 2018年5月実技資産設計提案業務

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

金投資に関する次の(ア)〜(ウ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。なお、金の取引は継続的な売買でないものとする。

(ア)個人が金地金を売却した場合の所得は、譲渡所得として課税される。

(イ)個人が金地金を業者に売却する際には、売却代金の他に、売却代金の消費税相当額を受け取ることができる。

(ウ)金地金は、一般的に地政学的リスクに対して強いと考えられている代表的な資産である。

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

金投資に関する問題です。

(ア)は、○。金地金の譲渡益は、総合課税の譲渡所得として所得税・住民税の課税対象です。

(イ)は、○。金投資では、金地金の購入時に消費税が課税されますが、換金時に売却額に対する消費税額が還付されます。
よって、将来の換金時に現在よりも消費税が増税されていると、その差分だけ利益を得ることになります。

(ウ)は、○。地政学的リスクとは、ある地域の政治的・軍事的な緊張の高まりによる、地理的な位置関係を通じた経済の不確実性のことです。テロ・戦争・財政破綻等で特定の地域が不安定になると、近隣も含めた通貨・債券・株式等が下落しますが、金地金は、地政学的リスクに左右されずに価値を維持できると考えられており、そうした事態に陥った際は価格が上昇する傾向があります。

問5             問7

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.