第3問 2018年5月実技個人資産相談業務

第3問 設例と資料

第3問 設例

会社員のAさん(60歳)は、妻Bさん(55歳)、長女Cさん(28歳)および母Dさん(84歳)との4人暮らしである。Aさんは、平成29年10月に、入社以来35年7カ月勤務していたX社を定年退職し、その後、再就職はしていない。また、Aさんは平成29年中に生命保険を解約し、解約返戻金を受け取っている。
Aさんの家族構成および平成29年分の収入等に関する資料は、以下のとおりである。

ページトップへ戻る
   

第3問 資料

〈Aさんの家族構成〉
・Aさん :35年7カ月勤務していたX社を平成29年10月に定年退職した。
・妻Bさん :専業主婦。平成29年中の収入はない。
・長女Cさん:会社員。平成29年中に給与収入500万円を得ている。
・母Dさん :平成29年中に公的年金等の老齢給付として120万円を得ている。

〈Aさんの平成29年分の収入等に関する資料〉
(1) X社からの給与収入の金額(1〜10月分) :600万円

(2) X社から支給を受けた退職金の額 :2,500万円
※Aさんは、退職金の支給を受ける際に、X社に対して「退職所得の受給に関する申告書」を提出している。

(3) 賃貸アパート(居住用)の不動産所得に係る損失の金額:80万円
※上記の損失の金額には、不動産所得を生ずべき土地等を取得するために要した負債の利子の額に相当する部分の金額20万円が含まれている。

(4) 解約した生命保険に関する資料
・保険の種類 :一時払変額個人年金保険(確定年金)
・契約年月日 :平成20年4月1日
・契約者(=保険料負担者)・被保険者:Aさん
・死亡給付金受取人:妻Bさん
・解約返戻金額:580万円
・一時払保険料:500万円

※妻Bさん、長女Cさんおよび母Dさんは、Aさんと同居し、生計を一にしている。
※家族は、いずれも障害者および特別障害者には該当しない。
※家族の年齢は、いずれも平成29年12月31日現在のものである。

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問6             問7

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.