問10 2018年5月学科

問10 問題文と解答・解説

問10 問題文択一問題

貸借対照表に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.「有形固定資産」には、土地や建物、機械設備が計上されており、いずれも一定の耐用年数に基づき減価償却が行われる。

2.「無形固定資産」には、特許権やソフトウエアが計上されており、いずれも一定の耐用年数に基づき減価償却が行われる。

3.「投資その他の資産」には、長期貸付金や出資金などが計上されている。

4.「流動負債」には、買掛金や短期借入金などが計上されている。

ページトップへ戻る
   

問10 解答・解説

企業の決算書に関する問題です。

1.は、不適切。貸借対照表における有形固定資産は、土地・建物、機械設備、船舶、車両等で、建物や機械設備、船舶、車両等は期間の経過に応じて価値が減るため、一定の耐用年数に基づき減価償却して費用化されますが、土地は、取得してから期間の経過に応じて価値が減るわけではないため、減価償却の対象外です。

2.は、適切。貸借対照表における無形固定資産は、営業権や特許権、ソフトウエア等であり、いずれも一定の耐用年数に基づき原則として定額法で減価償却されます。

3.は、適切。貸借対照表における投資その他の資産は、固定資産の一つで、長期貸付金や出資金、投資有価証券(取引先との持ち合い株式や私募債・国債)等です。

4.は、適切。貸借対照表における流動負債は、1年以内に返済すべき負債のことで、買掛金や短期借入金、支払手形等です。

よって正解は、1.

問9             問11

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.