問9 2018年1月実技資産設計提案業務

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文

成田さんは、転勤のため自宅を貸すに当たり、FPの平尾さんから借家契約の説明を受けた。借地借家法に基づく借家契約に関する下表の空欄(ア)〜(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととする。



<語群>
1.制限はない 2.公正証書等の書面による
3.正当事由がない限り更新される 4.期間満了により終了し、更新されない
5.期間の定めのない契約とみなされる 6.期間1年の契約とみなされる

ページトップへ戻る
   

問9 解答・解説

定期借家契約・普通借家契約に関する問題です。

普通借家契約は契約方法に制限がなく、口頭でも成立しますが、定期借家契約は公正証書等の書面によって行うことが必要です。

また、定期借家契約は、原則として更新がないため、契約期間満了後は、借主は退去することが必要です。ただし、貸主と借主双方が合意すれば、再契約は可能です。
これに対し、普通借家契約では、賃貸人(大家さん)が正当事由なしに更新を拒絶できないため、賃借人(入居者)と合意していなくても、更新したものとみなされます(法定更新)。

最後に、普通借家契約・定期借家契約のいずれも、存続期間の上限はありません(普通借家契約では、2000年3月1日より前の契約では存続期間の上限は20年までとなっていますが、2000年3月1日以降の契約では制限がなくなりました)。

従って正解は、(ア)2.公正証書等の書面による  (イ)4.期間満了により終了し、更新されない  (ウ)1.制限はない

問8             問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.