問4 2018年1月実技個人資産相談業務

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

Mさんは、Aさんに対して、AさんがX社債を購入する場合の留意点等について説明した。Mさんの説明に関する次の記述(1)〜(3)について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

(1)「A格相当の債券は、投資適格債券に該当しますので、確実に元利金が約定どおり支払われます」

(2)「X社債の購入後に市場金利が上昇した場合、購入価格よりも高い価格で売却できる可能性があります」

(3)「 仮に、X社債を購入して、2年後に額面100円当たり102.00円で売却した場合の所有期間利回り(年率・単利)は、約1.09%となります」

ページトップへ戻る
   

問4 解答・解説

債券の格付け・リスク・利回りに関する問題です。

(1)は、×。格付けAAA〜BBBは投資適格とされ、これより下のクラス(BB以下)は投機的、または投資不適格とされます。ただし、投資適格債券であっても、債務不履行等に陥る危険性はゼロではありませんので、確実に元利金が約定通りに支払われるとは限りません。

(2)は、×。債券の価格は、市場金利が上昇すると下落し、市場金利が低下すると上昇します。よって、X社債購入後に市場金利が上昇した場合、購入価格よりも低い価格でないと売却できなくなる可能性があります。

(3)は、○。所有期間利回りとは、既発債を償還期限前に売却した場合の利回りですが、単利の利回りの計算式は、
利回り(%)=(1年間の収益合計/投資金額)×100 です。
※1年間の収益=1年分の利子+1年当たりの差益

1年分の利子  :額面100円×0.6%=0.6円
1年当たりの差益:(売却額102.00円−購入価格101.00円)/所有期間2年=0.5円
1年間の収益合計:利子0.6円+差益0.5円=1.10円
利回り(%)=(収益合計1.10円/投資金額101.00円)×100≒1.09%(小数点以下第3位四捨五入)

第2問             問5

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.