問16 2018年1月学科

問16 問題文と解答・解説

問16 問題文択一問題

次の損害のうち、住宅用建物およびそれに収容している家財を保険の対象とする一般的な火災保険の補償の対象となるものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。

1.開放していた窓から突然の雨が吹き込み、室内の壁と家財の一部が濡れた損害

2.建築してから20年ほど経過し、窓枠や玄関ドアなどにさびや腐食が発生した損害

3.天候の急変に伴い住宅の屋根に落雷し、建物の一部が損壊した損害

4.住宅が火災に遭い、敷地内の車庫に置いてあった自動車が被った損害

ページトップへ戻る
   

問16 解答・解説

火災保険に関する問題です。

1.は、補償対象外です。火災保険は、火災による損害以外にも、水災(洪水)・風災(突風・竜巻)・落雷・ひょう災・雪災などの自然災害のほか、不測かつ突発的な事故による損害についても、補償対象ですが、開放していた窓から吹き込んだ雨による損害は、事前に予測し得る事態であるため、補償されません。

2.は、補償対象外です。火災保険は、火災による損害以外にも、水災(洪水)・風災(突風・竜巻)・落雷・ひょう災・雪災などの自然災害のほか、不測かつ突発的な事故による損害についても、補償対象ですが、建築から20年経過した建物の窓枠や玄関ドアなどのさび・腐食は、予測し得るものであり突発的な事故でもないため、補償されません。

3.は、補償対象です。火災保険は、火災による損害以外にも、水災(洪水)・風災(突風・竜巻)・落雷・ひょう災・雪災などの自然災害についても、補償対象です。

4.は、補償対象外です。火災保険では、自宅の車庫は補償対象ですが、自動車は補償対象外です(自動車の損害は車両保険の補償対象)。

よって正解は、3.

問15             問17

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.