問41 2017年9月学科

問41 問題文と解答・解説

問41 問題文択一問題

不動産の価格に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.地価公示の公示価格は、毎年7月1日を価格判定の基準日としている。

2.都道府県地価調査の基準地の標準価格は、各都道府県に設置された土地鑑定委員会が判定する。

3.相続税路線価は、地価公示の公示価格の70%を価格水準の目安として設定されている。

4.固定資産税評価額は、原則として、市町村長が固定資産評価基準により決定する。

ページトップへ戻る
   

問41 解答・解説

土地の価格に関する問題です。

1.は、不適切。公示地価は、毎年1月1日が価格判定の基準日で、一般の土地取引の指標とするために、現在の利用状況を考慮せず、更地として1u当たりの価格を示しています。
なお、毎年3月下旬に国土交通省の土地鑑定委員会が公表します。

2.は、不適切。基準地標準価格(基準地価)は、毎年7月1日が価格判定の基準日として、毎年9月下旬に都道府県知事が公表するもので、公示価格を補完する役割を持っています。

3.は、不適切。相続税路線価は、公示価格の約80%程度が目安で、毎年7月1日に、各国税局(国税庁)が1月1日時点の評価を公表します。

4.は、適切。固定資産税評価額は、固定資産税や都市計画税を算出する基礎となるもので、3年ごとに見直され、市町村が決定します(3年ごとの基準年度前年の、1月1日時点の評価額(公示価格の7割程度))。

問40             問42

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.