問57 2017年5月学科

問57 問題文と解答・解説

問57 問題文択一問題

下記<親族関係図>において、Aさんの相続に係る相続税の計算に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、Aさんの死亡により妻Bさん、子Cさん、父Dさんおよび兄Eさんは、いずれも相続または遺贈により財産を取得し、納付すべき相続税額が算出されている。また、いずれも日本国内に住所を有するものとする。

<親族関係図>


1.妻Bさんは、相続の放棄をし、遺贈により財産を取得した場合であっても「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けることができる。

2.子Cさんは、未成年者控除の適用を受けることができる。

3.父Dさんは、一定の障害者に該当する場合、障害者控除の適用を受けることができる。

4.兄Eさんは、相続税の計算上、相続税額の2割加算の対象者となる。

ページトップへ戻る
   

問57 解答・解説

相続税の計算方法に関する問題です。

1.は、適切。配偶者が相続放棄した場合でも、配偶者が遺贈により財産を取得したときには、配偶者の相続税額軽減(相続税の配偶者控除)を適用可能です。
例えば、被相続人に借金があったので配偶者は相続放棄。しかし、被相続人が生前に自分に生命保険をかけ、受取人を配偶者にしていると、死亡保険金は相続財産ではなく、遺贈により取得した保険金受取人の固有の財産とされ、相続税の配偶者控除を適用可能となります。

2.は、適切。未成年者控除とは、相続人が未成年者のとき、相続税額から一定金額を差し引くことですが、控除額はその未成年者が満20歳になるまでの年数1年につき10万円で計算されます(1年未満の期間は切り上げ)。
子Cさんは10歳ですので、10年×10万円で100万円が控除されます。

3.は、不適切。相続税の障害者控除(障害者の税額控除)は、相続人が85歳未満の障害者のとき、相続税額から85歳までの到達年数×10万円(特別障害者の場合は20万円)を差し引く税額控除ですが、相続時に日本在住・障害者・法定相続人であるという3条件を全て満たすことがことが必要です。
本問の場合、法定相続人は妻Bさんと子Cさんのみですので、父Dさんは障害者であっても相続税の障害者控除は適用されません。

4.は、適切。被相続人の一親等の血族及び配偶者以外の人が、相続や遺贈で財産を取得した場合、相続税額の2割相当額が加算されます。
一親等の血族とは、要は親子関係です。問題文のように、被相続人の兄は、二親等の血族に当たるため、相続税の2割加算の対象です。

問56             問58

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.