問9 2017年5月学科

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文択一問題

下記<]社の貸借対照表>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

<X社の貸借対照表> (単位:百万円)


1.流動資産のうち、「現金及び預金」「売掛金」などの換金しやすい資産を当座資産という。

2.負債の部において、1年以内に返済しなければならないものは流動負債となり、返済期間が1年を超えるものは固定負債となる。

3.X社の流動比率は、「500/300×100(%)」で計算される。

4.X社の自己資本比率は、「200/600×100(%)」で計算される。

ページトップへ戻る
   

問9 解答・解説

企業の財務の安全性を示す指標に関する問題です。

1.は、適切。当座資産とは現金化の早い資産のことで、その内訳は、 現金・預金、受取手形、売掛金、有価証券等です(現金化しにくい棚卸資産(商品)は含みません。)。

2.は、適切。流動負債とは、1年以内に支払期限が到来する債務です。支払期限が1年を超えるものは、固定負債(長期負債)となります。

3.は、適切。流動比率=流動資産÷流動負債×100(%)で、流動負債(1年以内に返済すべき負債)に対する流動資産(短期間で換金可能な資産)の割合を示しているため、流動比率が高いほど、その企業の財務の安全性が高いといえます。
よってX社の流動比率=流動資産500/流動負債300×100=約167%です。

4.は、不適切。自己資本比率は、総資産に対する自己資本の割合です。
計算式:自己資本比率=自己資本÷総資産×100
よってX社の自己資本比率=純資産600÷総資産1,200×100=50%

問8             問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.