問4 2016年9月実技個人資産相談業務

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

Mさんは、Aさんに対して、X投資信託およびY投資信託のパフォーマンス評価について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄(1)〜(3)に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ〜チのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

「無リスク資産利子率を1%と仮定した場合、 過去3年間の運用パフォーマンスに基づくX投資信託のシャープ・レシオは、( 1 )です。一方、Y投資信託のシャープ・レシオは、□□□です。シャープ・レシオの値が大きいほど、取ったリスクに対して大きなリターンを得たことになります。このため、X投資信託とY投資信託を比較した場合、シャープ・レシオについては( 2 )投資信託のほうが過去のパフォーマンスは優れていたといえます。
また、仮にX投資信託を60%、Y投資信託を40%の比率で組み入れたポートフォリオを組成した場合、過去3年間の平均収益率を期待収益率とすると、このポートフォリオの期待収益率は( 3 )%です」

〈語句群〉
イ.1.0  ロ.1.5  ハ.2.0   ニ.4.6  ホ.5.4
へ.10.0  ト.X  チ.Y

ページトップへ戻る
   

問4 解答・解説

シャープレシオ・ポートフォリオの期待収益率に関する問題です。

シャープ・レシオ=(ポートフォリオの収益率−安全資産利子率)÷標準偏差 ですので、
X投資信託のシャープ・レシオ=(3%−1%)÷2%=1.0
Y投資信託のシャープ・レシオ=(7%−1%)÷4%=1.5

シャープ・レシオは、標準偏差で測ったリスク1単位に対して、超過収益率がどれだけあったかを示すものですから、値が大きいほど超過収益率が高い=優れた金融商品ということです。
従って、シャープ・レシオからみて優れている金融商品は、Yです。

また、ポートフォリオの期待収益率=(各資産の構成比×各資産の期待収益率※)の合計 となります。
各資産の収益率=(予想収益率×生起確率)の合計

本問ではX投信・Y投信の過去3年間の平均収益率を期待収益率としますので、XとYの平均収益率に構成比を乗じたものの合計がポートフォリオの期待収益率となるわけです。

従って、ポートフォリオの収益率=3%×60%+7%×40%=4.6%

よって正解は、4.6%


なお、ポートフォリオの期待収益率は、本問のように各資産ごとの期待収益率を算出して計算する方法以外にも、好況・現状維持・不況等の各シナリオごとの期待収益率を算出して計算する方法もあります。
その場合は、ポートフォリオの期待収益率=(各シナリオの生起確率×各シナリオの収益率※)の総和
となります。
各シナリオの収益率=(収益率×投資比率)の総和

以上により正解は、(1)イ.1.0 (2)チ.Y (3)ニ.4.6

第2問             問5

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.