問27 2016年9月学科

問27 問題文と解答・解説

問27 問題文択一問題

ポートフォリオ運用に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.A資産の期待収益率が2.5%、B資産の期待収益率が6.0%の場合、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は4.6%となる。

2.異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が−1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの軽減)は得られない。

3.株式のポートフォリオへの組入れ銘柄数を増やすことにより、ポートフォリオの期待収益率は、組入れ銘柄の期待収益率の加重平均を上回ることができる。

4.株式のポートフォリオへの組入れ銘柄数を増やすことにより、市場全体の動き(システマティック・リスク)の影響を軽減することができる。

ページトップへ戻る
   

問27 解答・解説

ポートフォリオ理論に関する問題です。

1.は、適切。ポートフォリオの期待収益率=(各資産の構成比×各資産の収益率)の合計 となります。
よって本問では、
資産A:構成比40%×期待収益率2.5%=40/100×2.5/100×100=1.00%
資産B:構成比60%×期待収益率6.0%=60/100×6.0/100×100=3.60%
従って、ポートフォリオの期待収益率=1.0%+3.60%=4.60% 
よってポートフォリオの期待収益率は、4.6%

2.は、不適切。ポートフォリオのリスクは、組入資産間の相関係数が1でない限り、組入資産のリスクの加重平均を下回り、組入資産間の相関係数が1のときはリスクの加重平均と等しくなります

相関係数が1=組入資産全てが正の相関=同じ値動き ですので、ポートフォリオを組んでもリスクは単に同じ値動きをする株を複数買ったのと同じで、分散投資の意味がありません。

相関係数が1より小さい=組入資産が無相関・負の相関=バラバラの値動き・逆の値動き となり、こういったポートフォリオを組むことで、単に加重平均した計算結果よりも全体としてリスクを抑えた投資を行うことが可能となります。

従って、相関係数が−1となる資産の組合せは、相関係数が正やゼロとなる組み合わせよりも、ポートフォリオによるリスク(標準偏差)の低減効果を得ることができます。

3.は、不適切。ポートフォリオの期待収益率は、各資産の期待収益率をポートフォリオの構成比で加重平均したものですから、ポートフォリオの組入れ銘柄数を増やしても、ポートフォリオの期待収益率が、組入れ銘柄の期待収益率の加重平均を上回ることはありません。

4.は、不適切。ポートフォリオの組入れ銘柄数を増やすと、個別銘柄による株価変動がポートフォリオ全体に与える影響は小さくなるため、アンシステマティックリスク(非市場リスク)は低減可能ですが、システマティックリスク(市場リスク)を低減できません。システマティックリスク(市場リスク)は、ほぼ全ての証券に影響を及ぼすような価格変動要因ですので、分散投資でも低減できないわけです。

問26             問28

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.