問23 2016年9月学科

問23 問題文と解答・解説

問23 問題文択一問題

投資信託のディスクロージャー等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.投資信託委託会社は、定期的に「交付運用報告書」を作成し、原則として、販売会社を通じて投資家に交付しなければならない。

2.投資信託にかかる費用のうち、運用管理費用(信託報酬)や監査費用は、投資信託を保有している投資家が間接的に負担するものであり、基準価額の計算の際に控除される。

3.投資信託の販売会社は、投資信託(対象外とすることが認められている投資信託を除く)を保有している投資家に対して、分配金の受取りや一部解約等を反映した総合的な損益状況を通知しなければならない。

4.投資信託の運用評価には、定性評価と定量評価があるが、投資信託の過去のリスクやリターンの実績に基づいて運用成果を評価することを定性評価という。

ページトップへ戻る
   

問23 解答・解説

投資信託の仕組み・商品概要に関する問題です。

1.は、適切。投信の目論見書・運用報告書は、運用会社(委託会社)が作成し、販売会社を通じて投資家へ交付されます。

2.は、適切。運用管理費用(信託報酬)や監査費用は、投資家が間接的に負担するコストで、投信の保有期間中に信託財産から差し引かれた上で、基準価額が算出されます。

3.は、適切。投信の販売会社は、投資家に対して、初回購入日から現在までの、追加購入・途中解約や分配金等を反映したトータルの損益を通知することが必要です(トータルリターン通知制度)。

4.は、不適切。投資信託の評価は、過去のリスクやリターンの運用実績などの数値的側面からの評価(定量評価)に、運用方針や投資哲学などの側面からの評価(定性評価)を加味して行います。

問22             問24

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.