問25 2016年5月学科

問25 問題文と解答・解説

問25 問題文択一問題

株式の投資指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.配当性向は、株価に対する年間配当金の割合を示す指標である。

2.配当利回りは、税引後純利益に対して、当該利益から配当金として支払った金額の割合を示す指標である。

3.株価純資産倍率(PBR)が1倍以上であることは、理論上、株式時価総額が会社の解散価値を下回っていることを示す。

4.株価収益率(PER)を類似業種の企業間で比較した場合、一般に、PERが高いほど株価が相対的に割高であるとされる。

ページトップへ戻る
   

問25 解答・解説

株式投資の評価指標に関する問題です。

1.は、不適切。配当性向は、当期純利益のうち配当に回した割合を示しています。
配当性向(%)=1株当たり配当額÷1株当たり当期純利益×100

2.は、不適切。配当利回りは、株価に対する1株当たり年間配当金の割合のことです。
配当利回り=1株当たり年間配当金/株価×100

3.は、不適切。PBR(株価純資産倍率)とは、現在の株価が1株当たりの純資産の何倍かを示すものです。
PBR=株価/1株当たり純資産額=株価/(自己資本/発行済株式総数)
会社が解散した場合、株主には持ち株数に応じて純資産(株主資本)を受け取る権利がありますから、PBRが1倍以上ということは、株価が1株当たりの純資産額よりも多いということですので、理論上、株式の時価総額が会社の解散価値を上回っていることを示します。
反対に、PBR1倍未満の株式の場合、1株当たりの純資産よりも株価が安いため、株式の時価総額が会社の解散価値を下回っている(最悪会社が解散しても理論上は株主は株価以上の分配を受けることが可能)ことを示します。
ただし、決算上の資産評価が実態通りとは限らないため、PBR1倍割れなら確実に儲かるとは限りません。

4.は、適切。PER(株価収益率)=株価/1株当たり当期純利益で、現在の株価が1株当たりの当期純利益の何倍かを示しているため、同業種でPERが高い銘柄ほど割高、もしくは今後の利益成長が期待されると考えることができます。

問24             問26

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.