問13 2016年5月学科

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文択一問題

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。

1.養老保険の満期保険金は、死亡保険金、高度障害保険金と同額である。

2.終身保険の保険料の払込方法には、有期払込、終身払込、一時払いがある。

3.収入保障保険(定額型)では、保険金を一時金で受け取る場合の金額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。

4.こども保険は、被保険者である子が死亡した場合だけでなく、契約者が死亡した場合でも死亡給付金を受け取ることができる。

ページトップへ戻る
   

問13 解答・解説

生命保険の商品性に関する問題です。

1.は、適切。養老保険は、保険期間中に被保険者が死亡したり高度障害状態になると死亡・高度障害保険金、保険期間満了まで生存すると満期保険金が支払われますが、保険金は同額です。

2.は、適切。終身保険には、有期払込み(保険料払込が60歳や65歳等で満了)、終身払込み(払込みが一生涯続く)、一時払い(契約時に支払完了)があります(いずれも保障は一生涯)。
有期払込みは高齢になってからは保険料不要ですが、月々の保険料は高くなります。また、一時払いは最初に高額の保険料を用意する必要がありますが、月払いよりも支払保険料の総額は安く済みます。

3.は、適切。収入保障保険(生活保障保険)では、死亡保険金を受け取る際、年金形式・一時金のどちらかを選択出来ますが、一時金で受け取る場合、将来発生する利子分を割り引いた額になるため、年金形式より受取額が少なくなります

4.は、不適切。学資保険(こども保険)の契約者が死亡した場合、それ以降の保険料払込が免除され、学資祝金や満期祝金を受け取ることができますが、被保険者である子どもが死亡した場合には、死亡保険金が保険金受取人に支払われ、保険契約は消滅します。

問12             問14

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.