問55 2016年1月学科

問55 問題文と解答・解説

問55 問題文択一問題

遺産分割に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.被相続人は、遺言により、相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。

2.共同相続人は、遺言により遺産の分割を禁じられている場合を除き、相続の開始があったことを知った日の翌日から6ヵ月以内に遺産分割を行わなければならない。

3.遺産分割協議が適法に成立した場合には、共同相続人全員の合意があったとしても、遺産の再分割協議をすることは認められない。

4.共同相続人において遺産分割協議が調わない場合には、家庭裁判所に対して、調停による遺産分割申立てに先立って、審判による遺産分割の申立てをしなければならない。

ページトップへ戻る
   

問55 解答・解説

遺産分割に関する問題です。

1.は、適切。相続人は、相続開始後にいつでも遺産分割可能ですが、被相続人が、遺言で遺産分割を禁止している場合には、相続開始から5年までを限度に遺産分割が禁止されます。

2.は、不適切。遺言や家裁の審判・調停等で禁止されている期間を除き、遺産分割は、相続開始後いつでも行うことができるため、期間の経過により遺産分割の権利が消滅することもありません。
なお、相続税申告期限内に遺産分割が完了しない場合には、とりあえず法定相続分で分割したものとして相続税額を算出し、後日分割が完了次第、改めて修正申告を行います。

3.は、不適切。共同相続人全員の合意があれば、成立済みの遺産分割協議の解除や再分割協議が可能です。

4.は、不適切。遺産の分割について、共同相続人の間で協議がまとまらない場合、各共同相続人はそれぞれ家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てることができます。
さらに、調停でもまとまらない場合は、自動的に審判手続が開始され、家事審判官(裁判官)が審判します。

問54             問56

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.