問23 2016年1月学科

問23 問題文と解答・解説

問23 問題文択一問題

証券投資信託の基準価額に関する次の記述の空欄(ア)〜(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

証券投資信託の基準価額は、ファンド1口当たりの財産的価値を示すもので、投資信託財産の( ア )を受益権総口数で除すことによって求められる。この基準価額は、新聞や投資信託委託会社、販売会社等のホームページなどにも掲載されており、当初1口=1円で設定される証券投資信託については、原則として( イ )当たりの額が表示される。受益者は、換金時においては、原則として、この基準価額に基づいて換金することになる。ただし、換金時に( ウ )を徴収するファンドについては、この基準価額から( ウ )を控除した価額で換金することとなる。

1.(ア)純資産総額 (イ)1万口 (ウ)信託財産留保額

2.(ア)純資産総額 (イ)1口 (ウ)信託報酬

3.(ア)分配可能額 (イ)1口 (ウ)信託財産留保額

4.(ア)分配可能額 (イ)1万口 (ウ)信託報酬

ページトップへ戻る
   

問23 解答・解説

投資信託の仕組みに関する問題です。

投資信託の基準価額とは、投資家が投資信託を購入・換金する際の、1口当たりの値段のことで、投信の資産のうち投資家に帰属する部分である純資産総額を投信の総口数で割ると、基準価額が算出できます。

設定当初に1口1円の投資信託の基準価額は、1万口当たりの額で表示され、換金時にも基準価額に基づいて換金されますが、投信によっては換金時に信託財産留保額が控除されることがあります。
信託財産留保額は、投資家間の公平性を保つために、買付や換金に係る諸費用を買付代金に加算もしくは換金代金から差し引く金額です。

以上により正解は、1.(ア)純資産総額 (イ)1万口 (ウ)信託財産留保額

問22             問24

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.