問24 2016年1月学科

問24 問題文と解答・解説

問24 問題文択一問題

ETF(上場投資信託)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.ETFは、上場株式と同様に、売買の注文を委託する証券会社に対して指値注文・成行注文をすることができる。

2.国内で設定されたETFには、金や原油など商品指数に連動するものもある。

3.日経平均レバレッジ・インデックスに連動するETFは、日経平均株価の変動率の2倍の値動きになる指数に連動するように運用されている。

4.TOPIXインバース指数に連動するETFは、信用取引の売建てと同様の性格を有しているため、取引に際しては信用取引口座を開設する必要がある。

ページトップへ戻る
   

問24 解答・解説

ETF(上場投資信託)の取引に関する問題です。


1.は、適切。ETF(上場投資信託)は、通常の株式と同様に、指値注文や成行注文、信用取引が可能です。

2.は、適切。ETF(上場投資信託)は、TOPIXや日経225等の株価指数に連動するもの以外にも、原油や金、農産物等の商品指数に連動するものがあります。

3.は、適切。日経平均レバレッジ・インデックスは、日経平均株価の変動率の2倍になるように算出される指数ですので、この指数に連動するETFも、日経平均株価の2倍の変動率となります(株価が上がるときも下がるときも2倍)。

4.は、不適切。TOPIXインバース指数は、TOPIXの日々の変動率の−1倍(マイナス1倍)として算出される指数ですので、TOPIXが上昇するときは同じ値幅で下落し(損失)、TOPIXが下落するときは同じ値幅で上昇する(利益)という、信用取引の売りと同じような取引となりますが、信用取引口座の開設は不要で、現物口座で当該ETFを購入するだけで信用取引と同様の効果を得られます(主に相場下落時のリスクヘッジに利用されます)。

問23             問25

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.